このサイトでは、通常の住宅メーカーとフランチャイズの違いについて紹介しています。
大きな買い物だからこそメーカーよりも家づくりが安くなるのは本当なのか、工務店との違いがあるのかなど知っておきたいことはたくさんあります。
また、建築にかかる値段だけでなく大切になってくるのが、安心できる知名度かあるかどうかと本部の経営状態。
安くすむはずだったのにとならないためにも、しっかりと押さえておきたいポイントです。

住宅フランチャイズとは?通常の住宅メーカーとは何が違う?

住宅フランチャイズとは?通常の住宅メーカーとは何が違う? 人生において大きな買い物の一つである住宅。
憧れや理想を持っている人も多く、毎日を過ごしていく一生モノの場所だからこそ妥協はしたくないはずです。
ですが、さて選ぼうとなったときに立ちはだかってくるのが住宅メーカーとフランチャイズの違い。
住宅メーカーの場合は本部の社員が窓口となり複数の下請け会社を通して家づくりをしていきますが、フランチャイズは代理店である工務店の社員が窓口となり家づくりをしていきます。
純粋な工務店との違いは、建築資材や部材に関しては大本である本部が担当することです。
つまりフランチャイズとは住宅メーカーと工務店との中間のようなもの。
上手に選べば双方のいいとこ取りができるため、家を建てる際には視野に入れておいて損はないでしょう。

フランチャイズの住宅メーカーの仕組みについて

フランチャイズの住宅メーカーの仕組みについて ハウスメーカーは大手企業というイメージを、大勢の方が持っていることでしょう。
それとは反対に地方にある住宅会社は個人経営の中小企業というスタイルが一般的でした。
ところが昨今では、大手ハウスメーカーの名前を冠しているところが多くなり、一般的にはフランチャイズ契約をしているといえます。
この住宅メーカーの仕組みを簡単に説明していきましょう。
まずブランド名を使用することで、消費者に大きな安心を与えることができます。
全国展開をしているところと、地方でしか名前が知れ渡っていないところのどちらで家を買うのかと迫られたら、大半の方が前者を選ぶでしょう。
住居を買うには4000万円以上もの資金が必要です。
決して安い買い物ではないので、信頼できるところを選ぶのが当たり前です。
フランチャイズでは毎月一定の契約料を納付して、その安心できるブランド名を借用します。
さらにマニュアルにそった接客ルール、住宅の建設作業も実施できるので、住宅メーカーとしては今まで個人で負担をしていた労力を大きく緩和することが可能です。
仕組みはコンビニなどとまったく同じで、単に扱っている商品が住宅に限定されているということしか違いはありません。

フランチャイズお役立ち情報サイト

住宅 フランチャイズ

新着情報

◎2021/6/22

サイト公開しました

◎2021/5/31

サイト公開しました