本部の経営状況も重要

本部の経営状況も重要 住宅フランチャイズを選ぶときには本部の経営状況をチェックしておくことも大切です。
加盟している住宅会社そのものの経営が安定していたとしても、おおもとである会社が倒産してしまえば継続して同じサービスを受けることが難しくなる場合があります。
たとえば、加盟しているハウスメーカーのカスタマーサポートを利用して問題があったときには素早く解決できるというサポートがあったとしても、ハウスメーカー自体が倒産すればこういったサービスが利用できなくなるはずです。
このタイプの会社は既存の商品やプランを提示し、契約を締結することができればハウスメーカーにロイヤリティを支払っています。
つまり、倒産すれば商品やプランを利用することができなくなるので、話を進めている段階で問題が発生し、希望していたマイホームが建てられなくなってしまう恐れもあるでしょう。
本部が潰れて影響を受けてしまうケースは稀ですが、ないことだとは言い切れないので経営状況までしっかりと確認して、安心して利用できる住宅フランチャイズを選ぶと良いです。

住宅フランチャイズで心配される倒産リスク

住宅フランチャイズで心配される倒産リスク 大手の住宅メーカーと比較すると、フランチャイズは加盟店が倒産する可能性があると指摘されることがあります。
倒産リスクはどのような場合にも存在しますが、特にそのリスクが高いと言われています。
気を付けなければならないのは、地域経済の状況が悪化して需要が減っている時です。
そのような状況では競争が激化して受注件数が減り、売り上げが大幅に下がる可能性があります。
住宅が完成してしまえば倒産しても影響は無いように思えますが、実際には何か不具合が発生した時でもメンテナンスをお願いすることができず、どこに依頼した良いのかも分からないという事態に陥ります。
実際に倒産リスクはありますが、メリットも大きいので選ぶ人が後を絶ちません。
得られるメリットとして大きいのは、地方の工務店であっても最新技術やノウハウを持つハウスメーカー並みの家づくりが、難なく実現できるという点です。
また、完成後でも、気軽にメンテナンスを依頼できます。

新着情報

◎2021/6/22

サイト公開しました

◎2021/5/31

サイト公開しました